歯科口腔外科 埋伏歯(親知らず)の抜歯 小帯切除 顎関節症 | 枚方市(光善寺駅)の歯医者さん やまざき歯科

やまざき歯科の口腔外科のご案内

総合病院や専門医とも連携安心・安全・信頼の歯科口腔外科!

当歯科医院では、口内炎などの口腔粘膜の疾患、親知らずの抜歯、小帯切除、顎関節症など、歯科医院でおこなうほとんどの小手術に対応しています。
総合病院や口腔外科専門医とも連携しており、患者様にとって良いと判断した時は積極的に紹介させていただいております。

歯科口腔外科小手術のご案内

埋伏歯(親知らず)の抜歯
水平埋伏歯
症状の軽い親知らずの抜歯はもちろん、普通の歯科医院ではあまりおこなわない骨に埋まった歯(埋伏歯・水平埋伏歯)の抜歯もおこなっています。

歯の一部が歯肉から出た状態の親知らずは、その歯だけでなく周囲の歯にも悪影響を及ぼします。
歯みがきの邪魔になるなどお口の健康を損ねる恐れもあります。
虫歯の原因や歯肉の炎症(智歯周囲炎)などといった周囲への影響を踏まえ抜歯の対象となる場合があります。

症状によっては充分な設備のある市民病院などを紹介させていただく場合があります。
小帯切除
小帯切除
唇を上下に指で押し広げると上下の唇それぞれの中央に縦に帯状の筋が見られます。これが小帯です。
乳幼児期のお子さんに小帯が厚かったり長すぎたりするケースが多く、小帯が歯の間を越え歯ぐきの裏側まで入り込んでしまっているお子さんも見えます。

この場合、前歯の歯と歯の隙間が大きい正中離開や、発音・言語障害、見た目(審美的)が良くないなどの問題になることがあります。

子どもに多いため、経過観察をきちんとして、ある程度の年齢になっても改善されないと判断した場合は小帯付着異常として小帯切除をおこないます。
骨隆起切除
骨隆起とは、骨の表面から外側に向かい骨が増殖したもので外骨症とも言います。
上あごの口蓋(お口の天井部)にできる口蓋隆起や下あごの内側にできる下顎隆起などがあります。

病気ではありませんが、入れ歯の邪魔になったり、言語障害につながるおそれのある場合は、増殖した骨を切除します。
顎関節症
顎の関節は左右の耳のすぐ前付近にあります。
顎関節症は、歯並びや咬み合わせの不具合、不適当な咬み癖などが顎関節への負担となって起きる病気で、口が痛くてあけられない・口を開閉するとカクカク音がするなどの症状があります。また関節自体の変形からそういった症状が起きることもあります。

咬み合わせの調節、古いかぶせ物の交換、薬やマウスピースによる治療等をおこないますが、関節自体に原因のある可能性がある場合は、信頼のおける顎関節症専門医を紹介しております。

顎関節症と関節円板

正常な顎関節薄くなった関節円板がさらに圧迫を受けている関節円板と関節面が圧迫され損傷している

歯科口腔外科のお問い合わせ

口腔外科にはここで取り上げた治療の他に口内炎などさまざまな治療があります。
お口に関するお悩みや疑問などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

やまざき歯科を利用されている患者様が大勢おられます。
歯科医療と直接関係のない営業連絡などは、お待ちになっている患者様にも迷惑がかかりますのでお控えください。
詳しくは、やまざき歯科までお気軽にお問い合わせください。
TEL:072-812-2518(ニッコリイーハ)